トータルリコール

8/10に公開された『トータルリコール』を早速見てきました。
昔やった作品は見たけどほとんど覚えてなくて・・・
ある意味、新鮮に見ることができました。
まったく同じストーリーでもなかったし。
前回のおばちゃんは今回もチラッと出てたけど。

21世紀末の地球は科学兵器戦争のせいで
人間が住める地域が2か所しかなくなっていました。
今で言うイギリスとオーストラリア。
イギリスの位置には富裕層が、オーストラリア位置には貧困層が住む世界。
貧困層に住む者は毎日『フォール』と呼ばれる乗り物で
地球の裏側まで稼ぎに行かなくてはなりません。
オーストラリアの位置からイギリスまで地球のど真ん中をぶち抜いて移動する
乗り物があるんです!
地球のど真ん中のマグマだって重力だってうまーく抜けられる装置。
しかも17分で行けちゃうって言うんだから!

ノンストップで繰り広げられる映像にすっかり取り込まれました。
自分の記憶は本物か?
あなたの隣にいる人は本当に妻ですか?夫ですか?友達ですか?
記憶はデータ。いくらでも書き換えられます。
そういう未来がホントに来そうだなぁ~。。。

映画『アンダー・ワールド』ですっかり気に入った女優さんケイト・ペッキンセールが今回は敵役。
彼女のアクションはいつもキレイで強いなぁ~とホレボレして見ています。
あんなに高いヒールを履いて、なぜにそんなに走って跳べるんだい Σ(Д゚;/)/…エエ!?
ゴツイ未来の銃をバカスカ撃ってる彼女はやっぱりかっこよかったです。
あ、コリン・ファレルも良かったですよ(←主役はこっち)

話の内容もテンポも映像も私は満足でした(。・w・。 )
記憶を手繰るための謎解きもあって、どうなるの?どうなるの!のひと時でした。
[PR]
by sakurasaku050505 | 2012-08-12 01:39 | 映画