【本】ペン太のこと

e0290510_23451057.jpg
本屋さんでみつけたこの表紙が可愛くて思わず手に取ったのだが
『400万人が泣いた』の文字を見て棚に戻した。
猫との悲しい話なら読まない方がいい…。
それから数日経ち、また本屋さんに行くとやっぱり目に入る。
きっと泣くんだろうな、、と覚悟の上で買ってみたら予想を上回り号泣(+o+)


小さな命を家族にすることは同時にその別れも受け入れなくてはならない。
そんなことはとっくに経験済みだ。
心臓が止まると、こんなに冷たく固く動かなくなることを頭でわかっていても心が理解出来ない。
だからもう猫とは関わらないと決めた。
そう決めて一切見ないようにして一年が経った頃
「今度、菜園に猫カフェがオープンするんだよ。レンタルボックスもあるんだって」とチラシを手渡された。
神様は私の決意なんて知ったこっちゃなかった。

e0290510_23451303.jpg
毎朝、私の顔のそばにある小さな寝息が消える日がまたやってくる。
ふわふわで暖かくて優しい匂いのするこの愛しさと共に生きようと決めてこの子たちは我が家にやってきた。
ならばその時間を大事に生きよう。



見たよ~♪とポチッとしていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村

ありがとうございましたm(__)m

[PR]
by sakurasaku050505 | 2014-09-07 07:52 |

烏に単は似合わない

図書館の新刊案内に貼られていた表紙を見て
「キレーな絵だなぁ」がこの本との最初の出会い。


e0290510_17124070.jpg


『烏に単は似合わない』
紹介文を読み、
若君さまのお后候補の4人の娘さんのお話かぁ。
権力争いとか、足のひっぱりあいとかそういうのかしら。
なんて、今まで見てきた話しのような気分で借りてみた。

八咫烏が支配する世界で始まった若君の后選び。
春殿には東家の『あさぎ』、夏殿には南家の『浜木綿(はまゆう)』
秋殿には西家の『真赭の薄(ますほのすすき)』、冬殿には北家の『白珠(しらたま)』
大貴族四家から集められた四人の娘たちは
陰謀や恋心を胸に美貌と才気を競い合う。

姉・双葉の代役として急きょ登殿することになった東家のあさぎ。
お后教育を受けていない彼女は早速お嬢様たちとの違いの差を見せつけられる。
女子の世界特有の洗礼を受けるのだ。
あさぎの救いは若君の妹である内親王・藤波。
藤波の羽母(うば。烏の世界なので卵で生まれる)が
あさぎの母であったことから子供の頃から仲良しであったこと。

現在の正室が南家の出身。
若君の母は側室だか西家の出身。時期後継者の母の出身家として西家も力をつけている。

南家vs西家に東家、北家が付随しているように見えた争いは
徐々に形成を変えてくる・・・

文章も読みやすく、物語の世界も烏に変身できる者たちが住む世界とあって
想像する風景も鮮やか。

しかし、読み進むうちに『よくある話』だと思っていた私の想像は見事に打ち砕かれた。
序章に書かれた風景にすっかりだまされた。
話は最後まで聞きなさい!と母に言われているような気分。

途中から勝手に決めつけていた話の流れをことごとく崩され、
えっ?どうなるの?から、あぁ。。こうなるんだぁ。。
で終わった。

感心と予想外の展開に対する自分の想像の甘さが残った。
とっても面白い本だった。
最後にキレーに片付いた気分にならないところがまた良い。

最年少で松本清張賞を受賞した作品と言うだけのことはある!
表紙の見た目から入った私は、すっかり本の中身も見た目に騙されたようだ。

『悪気がなければ許されることをわかっている女が一番タチが悪い』が、率直な感想。
あぁ。。こういう女って怖いよねぇ~
見た目は甘いから騙されるんだよ。。。

烏に単は似合わない。
このタイトルも最後まで読んで納得。
確かに、烏には豪華な衣装は似合わない。
必要なのは共に歩もうとする気持ち。

若君が最後に選んだのは誰なのか?
誰にもばれてない、見られていない、だから何をしても大丈夫と思っていると
大事な人に見破れていますよ、そんなお話。
[PR]
by sakurasaku050505 | 2012-09-10 18:00 |